手の陽明大腸経

こんにちは、国分寺の鍼灸やまと治療院です。
今回は正経十二経脈の2番目の経脈「手の陽明大腸経」について記載します。

手の陽明大腸経の概要

陽明大腸経ようめいだいちょうけいは、「大腸」に属した経脈です。一本の経脈上の経穴は20穴になります。これが体の左右にあるため、全身の経穴数は左右合わせて40穴となります。
正式名称は「手の陽明大腸経」ですが、略して「大腸経」「手陽明」と言うことがあります。
「大腸」に関連する症状や、経脈の走行上の症状(肘の痛み、肩こり等)などによく使います。

流注(るちゅう) ~経絡の流れの説明~

手の陽明大腸経の図
※ここでは『十四経発揮じゅうしけいはっき』の図を利用しています。

手の陽明大腸經の脈は示指橈側爪甲根部の商陽穴より起つて、手背の第一掌骨と第二掌骨との間を上行し、長伸拇筋腱と短伸拇筋腱との間を通り、前膊橈側を經て、肘關節の外側に至り、これより少しく上膊の後側に曲りながら上行し、更に上膊外面に出でゝ之を上行し、肩峰突起の外端(巨骨の前廉)鎖骨の外後側を通り、第一胸椎に至り、これにより鎖骨上窩を經て、肺を絡ひ、横膈膜を通りて大腸に屬する經脉であります、支(エダ)は前頸部から、頸、頰を經て口を挾み、左右の脉絡交叉して、鼻翼の外側に終るのであります。

引用:柳谷素霊著『鍼灸醫學全書 經穴學』,p.26

手の陽明大腸経の病(是動病・所生病)

是動ずるときの病は、歯痛み頚腫る。
是れ津液を主り、所生病は、目黄み、口乾き、鼽衂し、喉痺し、肩の前の臑いたみ、大指の次指痛みて用いられず。
気有余なるときは、脉の過ぎる所に当たるは熱腫す。
虚するときは、寒慄して復せず。

引用:『黄帝内経霊枢』経脉第十

手の陽明大腸経の経穴一覧

コード名称よみがな備考
LI1商陽しょうよう井金穴
LI2二間じかん滎水穴
LI3三間さんかん兪木穴
LI4合谷ごうこく原穴
LI5陽渓(陽谿)ようけい経火穴
LI6偏歴へんれき絡穴
LI7温溜おんる郄穴
LI8下廉げれん
LI9上廉じょうれん
LI10手三里てさんり
LI11曲池きょくち合土穴
LI12肘髎ちゅうりょう
LI13手五里てごり
LI14臂臑ひじゅ
LI15肩髃けんぐう
LI16巨骨ここつ
LI17天鼎てんてい
LI18扶突ふとつ
LI19禾髎かりょう
LI20迎香げいこう
広告

この記事へのコメント

広告