足の太陰脾経

こんにちは、国分寺の鍼灸やまと治療院です。
今回は正経十二経脈の4番目の経脈「足の太陰脾経」について記載します。

足の太陰脾経の概要

あし太陰脾経たいいんひけいは、「脾」に属した経脈です。一本の経脈上の経穴の数は21穴になります。この経脈は体の左右にあるため、全身の経穴の数は42穴となります。
正式名称は「足の太陰脾経」ですが、略して「脾経」「足太陰」と言うことがあります。
「脾(西洋医学で言う膵臓)」に関連する症状(消化不良、手足が重く感じる等)や、経脈の走行上の症状(膝の痛み、股関節の痛み等)などによく使います。

流注(るちゅう) ~経絡の流れの説明~

足の太陰脾経の図
※ここでは『十四経発揮じゅうしけいはっき』の図を利用しています。

足の太陰脾經の脈は𧿹趾内側爪甲根部より起り、足の内側即ち、第一蹠骨の内側を上行し、内踝の前側を通りて脛骨の内後緣を上行し(厥陰の前に出で)膝關節の内面を通り、大腿内下端に出で内側中央を上行し、鼠蹊溝を經て、下腹部に出で、(中極、關元に絡ふ)脾に屬し、胃(下脘)を絡ふて、膈(横隔膜)に上り、こゝより、側脇を上り、中府を經て、喉を挾み、舌本に連り、舌下に散る、其支別は復た胃より別れて、膈に上り心中に注ぐ。

引用:柳谷素霊著『鍼灸醫學全書 經穴學』,p.79

足の太陰脾経の病(是動病・所生病)

是動ずるときの病は、舌本強ばり、食するときは嘔し、胃脘痛み、腹脹り喘噫す。
是れ脾を主り、所生病は、舌本痛み、體動動揺すること能わず。食下らず、煩心し、心下急痛し、溏し、瘕泄し、水閉じ、黄疸、臥すこと能わず、強いて立てば股膝の内腫厥し、足の大指用いられず。

:

足の太陰の気、絶するときは肌肉を榮せず、唇舌は肌肉の本なり。脉榮せざるときは肌肉軟す。
肌肉軟するときは舌萎え人中満つる、人中満つるときは唇反す。
唇反するものは肉先ず死す。きのえに篤くしてきのとに死す。木は土に勝なり。

引用:『黄帝内経霊枢』経脉第十

足の太陰脾経の経穴一覧

コード名称よみがな備考
SP1隠白いんぱく井木穴
SP2大都だいと滎火穴
SP3太白たいはく兪土穴・原穴
SP4公孫こうそん絡穴
SP5商丘しょうきゅう経金穴
SP6三陰交さんいんこう
SP7漏谷ろうこく
SP8地機ちき郄穴
SP9陰陵泉いんりょうせん合水穴
SP10血海けっかい
SP11箕門きもん
SP12衝門しょうもん
SP13府舎ふしゃ
SP14腹結ふっけつ
SP15大横だいおう
SP16腹哀ふくあい
SP17食竇しょくとく
SP18天渓(天谿)てんけい
SP19胸郷きょうきょう
SP20周栄しゅうえい
SP21大包だいほう脾の大絡
広告

この記事へのコメント

広告