手の少陽三焦経

こんにちは、国分寺の鍼灸やまと治療院です。
今回は正経十二経脈の10番目の経脈「手の少陽三焦経」について記載します。

手の少陽三焦経の概要

少陽しょうよう三焦経さんしょうけいは、「三焦」に属した経脈です。この経脈1本の経穴の数は23穴になります。この経脈は身体の左右にあるため、全身の経穴の数は46穴となります。
正式名称は「手の少陽三焦経」ですが、略して「三焦経」「手少陽」と言うことがあります。
経脈の走行上の症状(肩こり、肩の痛み、頭痛等)などに使います。

流注(るちゅう) ~経絡の流れの説明~

手の少陽三焦経の図
※ここでは『十四経発揮じゅうしけいはっき』の図を利用しています。

手の少陽三焦經脈は環指尺側爪甲根部より起り、上つて兩指の間に出で、手背の腕を循り(陽池穴)臂の外、兩骨の間に出で、上つて肘を貫き、臑(カイナ)の外をめぐり、肩に上つて、足の少陽の後に交り、缺盆に入り膻中にまじり、散じて心嚢心包をまとひ膈膜に下つて、三焦に屬す、其支は膻中より上つて、缺盆に出で、項に上つて、耳後に繋り、直ちに耳上の角に出で、下に屈して頰に下り䪼(メノシタ)に至る、其支は耳の後より耳に入り、出でゝ耳前に走り、上關穴の前を過ぎて頰に交り、目の鋭眥に至り、絲竹空に終るものである。

引用:柳谷素霊著『鍼灸醫學全書 經穴學』,p.231

是動病・所生病

是動ずるときは、耳聾、のどはれ、喉痺、是気を主る。
生ずる所の病は、汗出、目鋭眥いたみ、頰いたむ、耳の後、肩、臑、肘、臂の外、みな痛み、小指の次の指もちひられず。

引用:本郷正豊著『鍼灸重宝記』

 

手の少陽三焦経の経穴一覧

コード名称よみがな備考
TE1関衝かんしょう井金穴
TE2液門えきもん滎水穴
TE3中渚ちゅうしょ兪木穴
TE4陽池ようち原穴
TE5外関がいかん絡穴
TE6支溝しこう経火穴
TE7会宗えそう郄穴
TE8三陽絡さんようらく
TE9四瀆しとく
TE10天井てんせい合土穴
TE11清冷淵せいれいえん
TE12消濼しょうれき
TE13臑会じゅえ
TE14肩髎けんりょう
TE15天髎てんりょう
TE16天牖てんよう
TE17翳風えいふう
TE18瘈脈けいみゃく
TE19顱息ろそく
TE20角孫かくそん
TE21耳門じもん
TE22和髎わりょう
TE23糸竹空
(絲竹空)
しちくくう
広告

この記事へのコメント

広告