任脈

こんにちは、国分寺の鍼灸やまと治療院です。
今回は奇経八脈のひとつ「任脈」について記載します。

任脈の概要

この経脈は奇経八脈の一つで「任脈にんみゃく」といい、陰の経脈を統括しています。経穴の数は24個になります。この経脈は身体に1本の経脈のため、全身の経穴数も24穴となります。
腹部の症状、婦人科疾患などに使います。

流注(るちゅう) ~経絡の流れの説明~

任脈の図
※ここでは『十四経発揮じゅうしけいはっき』の図を利用しています。

任脈は中極の裏子宮より起り、毛際に上り腹の裏をめぐり、關元にのぼり、腹胸の正中を經て、喉嚨に至つて陰脤の海に屬するものである。

引用:柳谷素霊著『鍼灸醫學全書 經穴學』,p.404

任脈の病

任の病たること、其の内結を苦しむ。男子は七疝となし、女子は瘕聚をなす。

引用:『難経』二十九難

動ずれば少腹臍下をめぐり横骨陰中に引きて切痛することを苦しむ。

引用:王叔和著『脈経』平竒經八脉病第四

任脈の経穴一覧

コード名称よみがな備考
CV1会陰えいん
CV2曲骨きょっこつ
CV3中極ちゅうきょく膀胱の募穴
CV4関元かんげん小腸の募穴
CV5石門せきもん三焦の募穴
CV6気海きかい
CV7陰交いんこう
CV8神闕しんけつ
CV9水分すいぶん
CV10下脘げかん
CV11建里けんり
CV12中脘ちゅうかん胃の募穴
CV13上脘じょうかん
CV14巨闕こけつ心の募穴
CV15鳩尾きゅうび
CV16中庭ちゅうてい
CV17膻中だんちゅう心包の募穴
CV18玉堂ぎょくどう
CV19紫宮しきゅう
CV20華蓋かがい
CV21璇璣せんき
CV22天突てんとつ
CV23廉泉れんせん
CV24承漿しょうしょう
広告

この記事へのコメント

広告