五行穴とは ~鍼灸院のツボ解説~

こんにちは。国分寺の鍼灸やまと治療院です。
今回は、特別な経穴、「五行穴」についての記事です。

五行穴とは、正経十二脈それぞれにあるせいえいけいごうといわれる経穴です。

井滎兪経合は、『難経』によれば以下のようなものだとされています。

井:気が流れ出るところ
滎:気が流れるところ
兪:気が注ぐところ
経:気が行くところ
合:気が入るところ

また、それぞれ以下のような症状に使用できるとされています。

井:心下満
滎:身熱
兪:体重節痛
経:喘咳寒熱
合:逆気して泄す

といわれており、

そのほかにも、季節ごとに使い分けるといったことも書かれています。

井:春
滎:夏
兪:季夏(夏の終わり、中国では雨の多い時期)
経:秋
合:冬

また、井滎兪経合それぞれ、陰経はもくこんすい、陽経は金・水・木・火・土の順番で五行の特徴を持つとされています。

したがって、陰経の場合は、井木穴、滎火穴、兪土穴、経金穴、合土穴の5種類があり、陽経には、井金穴、滎水穴、兪木穴、経火穴、合土穴の5種類があります。

経絡治療の本治法においては、この五行穴を重要視して鍼灸治療を行います。

五行の関連図

柳谷祖霊著『鍼灸医術の門』の図を現代の経穴表記に修正して引用