人物・書籍・用語メモ

あ~お

噫気(あいき)
噯気あいきとも書く。おくび、いわゆるゲップのこと。


医心方(いしんぽう)
丹波康頼編纂。平安時代の永観二年(984年)に成立。全三十巻。現存する日本最古の医書。当時の中国の医書をまとめた医学全書。
関連記事


か~こ

瘕(か)
腹腔内のしこり。形が解らないもの。


霍乱(かくらん)
嘔吐、下痢を伴う急性の病。


呵欠(かけつ)
「あくび」のこと。けつともいう。


岐伯(きはく・ぎはく)
中国の伝説上の医師。黄帝の侍医となり、黄帝に医術を教えたとされている。『黄帝内経』は主に黄帝と岐伯との問答形式で書かれている。


欠(けつ)
「あくび」のこと。呵欠かけつともいう。


黄帝(こうてい)
中国の伝説上の人物「三皇五帝」の一人。『黄帝内経』を著したとされている。黄帝の医学の師匠が岐伯とされている。


黄帝内経(こうていだいけい)
中国最古の医学書の一つ。東洋医学の原典。成立年は不明だが二千年ほど前と考えられる。『漢書』芸文志に「黄帝内経十八巻」との記載があるため、この時点では成立していたと考えられている。その後、『黄帝内経』は2つに別れたと考えられており、『素問』と『霊枢』の二つを合わせて『黄帝内経』とされている。省略して『内経だいけい』ともいわれる。


さ~そ

十四経発揮(じゅうしけいはっき)
元の時代の1341年に滑寿によって著された経絡経穴に関する書物。


傷寒(しょうかん)
急性の熱病。腸チフスやインフルエンザ、マラリアなどが傷寒にあたるといわれる。なお現在の中国語では腸チフスを指す。


傷寒雑病論(しょうかんざつびょうろん)
張仲景により後漢の末期(西暦200年頃)に著された傷寒と雑病に関しての専門書。その当時の多くの医学書を参考につくられた。この書には今なお使われる多くの湯液(漢方薬)の処方が紹介されている。この書は、後に、傷寒に関する『傷寒論』と雑病に関する『金匱要略』に別れ、現在に伝わっている。


所生病(しょせいびょう)
是動病が進んだもの。
難経』二十二難には「所生病とは血なり」「是動を為すことを先にし、所生を後にするなり。」と記されている。


鍼灸甲乙経(しんきゅうこういつきょう)
『黄帝三部鍼灸甲乙経』の略。西晋の甲甫謐が編纂した中国最古の鍼灸専門書。全12巻。三世紀の後半に成立。省略して『甲乙経』とも言われる。


神農本草経(しんのうほんぞうきょう)
成立年は二千年ほど前、前漢末~後漢の中期までの間と推測されている。神農が著したことになっているが、著者不詳。中国最古の薬物学書。本草学の原典。


泄瀉(せっしゃ)
下痢のこと。


是動病(ぜどうびょう)
対象の経脈の乱れが起きた時に現れる症状。病の初期の状態。
難経』二十二難には「是動とは気なり」「是動を為すことを先にし、所生を後にするなり。」と記されている。


素問(そもん)
『黄帝内経素問』の略称。『霊枢』と合わせて『黄帝内経こうていだいけい』と言われている。中国最古の医書のひとつ。成立年は不明だが2000年ほど前に成立したと考えられる。黄帝の著とされるが、著者は不詳。東洋医学の医学理論等について記載されている。

た~と

丹波 康頼(たんば の やすより)
平安時代の鍼博士。生没:延喜十二年(912年)~長徳元年(995年)。現存する日本最古の医書『医心方』を編纂したことで有名。
関連記事


張 仲景(ちょう ちゅうけい)
傷寒雑病論』を著した医師。二世紀半ばの生まれ。姓は張、名は機、字は仲景。名医として有名であった。傷寒により親族の多くが亡くなり、これに心を痛め『傷寒雑病論』を著したとされている。


な~の

難経(なんぎょう)
『黄帝八十一難経』の略称。後漢頃に著されたとの説が有力。扁鵲著とされているが実際の著者は不詳。東洋医学の重要古典の一つ。経絡治療における本治法のベースとなっている。


は~ほ

標治法(ひょうちほう)
病の症状を取り除くために局所的に行う治療。対になるのが本治法


扁鵲(へんじゃく)
中国の伝説上の名医。渤海郡鄭の人で名前は秦越人。長桑君に医術を伝授され、後に扁鵲と呼ばれるようになった。『難経』を著したとされている。『史記』扁鵲倉公列伝に記載されている。


本治法(ほんちほう)
病の症状ではなく、根本的な部分(臓腑の虚実)を治療し体全体を整える治療。対になるのが標治法


ま~も

や~よ

ら~ろ

霊枢(れいすう)
『黄帝内経霊枢』の略称。『素問』と合わせて『黄帝内経こうていだいけい』と言われている。中国最古の医書のひとつ。成立年は不明だが2000年ほど前に著されたと考えられる。黄帝の著とされるが、著者は不詳。鍼灸の治療法等について記載されている。


わ~ん

和漢三才図会(わかんさんさいずえ)
江戸時代に寺島良安によって編纂された百科事典。正徳二年(1712年)に成立。
寺島良安は医師であったため、医学関連の記述も優れている。


この記事へのコメント

広告