『脈経』王叔和譔 (巻第一)⑥ ~鍼灸院必携・脈診の原典~

脈を持る軽重の法 第六

脈に軽重有るは何の謂ぞや。
然り、初に脈をるに、三しゅくの重さの如くにして皮毛と相得るものは肺の部なり。
六菽の重さの如くにして血脈と相得るものは心の部なり。
九菽の重さの如くにして肌肉と相得るものは脾の部なり。
十二菽の重さの如くにして筋と平なるものは肝の部なり。
之を按じて骨に至り、之を挙げて来ること疾きものは腎の部なり。
故に軽重を曰うなり。


【メモ】
この篇は『難経』の五難を持ってきています。
菽:小豆1粒の重さ

白文

持脉輕重法第六
脉有輕重何謂也然初持脉如三菽之重與皮毛相
得者肺部也
如六菽之重與血脉相得者心部也
如九菽之重與肌肉相得者脾部也
如十二菽之重與筋平者肝部也
按之至骨舉之來疾者腎部也
故曰輕重也

広告

底本:『脈経 仿宋何大任本』北里大学東洋医学総合研究所医史学研究部・日本内経医学会
参考:『王叔和脉経』京都大学附属図書館所蔵

この記事へのコメント

広告