『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑩ ~鍼灸院必携・脈診の原典~

肺大腸部 第四 (1/3)

肺は金にかたどる。
大腸と合して腑たり。
其の経は手の太陰と手の陽明と表裏を為す。
其の脈は浮なり。
其の相は季夏六月。
其の王は秋三月、廃は冬三月、囚は春三月、死は夏三月たり。
其の王日はかのえかのと、王時は晡時日入なり。
其の困日はきのえきのと、困時は平旦日出なり。
其の死日はひのえひのと、死時は禺中日中なり。
其の神は魄なり。
其の主は声なり。
其の養すは皮毛なり。
其の候は鼻なり。
其の声は哭なり。
其の色は白なり。
其の臭は腥なり。
其の液は涕なり。
其の味は辛なり。
其の宜は鹹なり。
其の悪は苦なり。

肺の兪は背第三椎に在り、募は中府に在り。
大腸の兪は背第十六椎に在り、募は天枢に在り。

 右、新撰


【メモ】
晡(ほ):夕方
平旦:夜明け頃
禺中(ぐちゅう):午前10時頃

原文

肺大腸部第四 (1/3)

肺象金與大腸合爲府[1]其經手太隂[2]
與手陽明爲表裏[3]其脉浮[4]
相季夏六月[5]其王秋三月廢冬三月囚春三
月死夏三月[6]其王日庚辛王時晡時日入其
困日甲乙困時平旦日出其死日丙丁死時禺中日
中其神魄其主聲其養皮毛其候鼻其聲哭其色白
其臭腥其液涕其味辛其冝鹹其惡苦肺俞在背第
三椎[7]募在中府[8]大腸俞在背第十
六椎募在天樞[9]
    右新撰

注釈
[1] ^ : 大腸爲傳導之府也
[2] ^ : 手太隂肺脉也,
[3] ^ : 手陽明大腸脉也
[4] ^ : 浮肺脉之大形也
[5] ^ : 季夏土王金相
[6] ^ : 夏火王金死
[7] ^ : 或云第五椎也
[8] ^ : 直兩乳上下肋間
[9] ^ : 挾臍傍各一寸半

<<前へ | 『脈経』目次 | 次へ>>
広告

底本:『脈経 仿宋何大任本』北里大学東洋医学総合研究所医史学研究部・日本内経医学会
参考:『王叔和脉経』京都大学附属図書館所蔵

この記事へのコメント

広告