鍼灸重宝記:本郷正豊著(1)/江戸時代の鍼灸治療の手引書

鍼灸重宝記序

夫れ以見おもんみれば人此の腔子こうすあるときは即ち此の病あり。百年の光陰誰か恙なきの人あらん乎。恙あらばすべからく早くはかるべし。其のはかりごとの頼む所や、針灸薬にしてしこうして薬餌の及ばざる者、鍼灸にらずんばいかでか其の危急を救わんや。今の工たる者、多くは其針灸の通達する所を知らずして、而してやまひに逢うときは則ち妄りにこれを治して、而して之が功を求也。譬えば猶規矩を習はずして材椽ざいてんを試み、寸鉄を持たずして闘場に赴きて其利を得んと欲するがごとし。遂に得べからず焉。隠士本郷正豊、嘗つて惻隠恵民の心を以て医道重宝記を編集し、すでに大に世に行へる。今、復た針灸重宝記を著す。此の編の若き也。九鍼之製、灼艾之法、神聖工巧之要、経絡蔵象之弁、衆病治療之道、ことごと国字かなを以てこれを記す。工者の規矩、闘場の利刀なりと、庸工をして之を読ましめて、以て妄りに治して人を害するの謗を免るときんば、則ち重宝の名も亦、むなしからずとす。虚哉、虚哉、叙して以て其の首に弁し草冠+舞
  時
  享保戊戌冬吉旦
           浪華 平住専菴 題

 

<<前へ | 目次 | 次へ>>
広告

底本:『鍼灸重宝記綱目』(京都大学附属図書館所蔵)
図は画像データより抽出し一部加工
広告