『選鍼三要集』杉山和一著① ~江戸時代の鍼灸の教科書~

杉山流三部書
選鍼三要集
総検校 杉山和一

 


愚、偏陋へんろうを禀けてひそかに鍼の道に志すこと曰く有り。故に入江先生の足下に遊んで命を聞くことを得たり。先生の道、軒岐を宗とす。故に常に謂ふ、見つべき者は内経なり。鍼法に於いて秘の旨多しと雖も補瀉要穴に過ぎず、虚実を分かち補瀉を用ひ井栄兪経合を宗とし要穴を主とすべしなり。且、餘力有る則は経穴を諳ず、是に於いて鍼の道畢る。臨機応変、医は意と謂つべしなり。予、其の幽玄を慕うて書を作りて大意を述ぶ。実に門人初学の為に発す。円機の士必ず以て贅と為んや。

題に曰く一に曰く神を治む、二に曰く身を養ふことを知る、三に曰く毒薬の真たることを知る、四に曰く砭石小大を制す、五に曰く府蔵血気の診を知る、五法倶に立ておのおの先ずる所有りと云云。

愚、按ずるに霊枢玉版篇に謂へること有りや。帝の曰く夫子の鍼を言ふこと甚だ駿ををいなり。能く生ける人を殺し死する者を起こすことあたわず。子能く之に反せんや。岐伯の曰く能く生ける人を殺し死せる者を起こすことあたわざるなり。帝の曰く余之を聞くときは不仁と為す。然れども願わくは其の道を聞いて人に行はざらんことを。岐伯の曰く是れ明道なり、其れ必ず然らんや。其の、刀剣の以て人を殺すべきが如く、飲酒人をして酔はしむるが如しなり。
こころみることなからじといえども猶知るべしかな。嗚呼、旨あるかな経なり。唐の王燾、深意を失て鍼を取らざるなり。是に依りて後世の愚人、耳目を驚かす。何ぞ此の理有らんや。猶ほ鍼のみを謂ふにあらず。総て妄りに之を用ゆるときは薬灸何ぞ人を殺すの理無んや。然るに内経に鍼のみ人を殺すといふは実とに深意有りて存す。何を以て言ふとなれば、宝命論に謂へること有り。深渕に臨むが如く、手に虎握るが如し。神、衆物に営することなかれ。此れ王冰所謂工巧にして以て妄りに用ゆべからずの故なり。医統に曰く扁鵲謂へることあり。疾腠理にあるは熨炳の及ぶ所、疾血脈に在るは鍼石の及ぶ所、其の腸胃に在るは酒醪の及ぶ所、是鍼灸薬三つの者を兼ぬることを得てして後にともに医と言つべし。曩武、あやまち活人の術は薬に止まるとをもへり。故に鍼と灸とを棄てて之を講ずることなし。傷寒の熱、血室に入りて閃挫す。諸疾薬餌の能く愈す所にあらず。必ず夫れ刺すひとちて則ち愈ゆ。又、介賓類経に此の事を論ず。一婦人傷寒の熱、血室に入ることを患ふ。医者識らず、許学士が曰く小柴胡を用ゆること遅し。当に期門を刺すべし。予、鍼することあたわず、善く鍼する者を請ふて之に鍼す。言の如くして而して愈ゆ。是れ鍼の要に非ずや。予もまた源を澄し本をたださんと欲する豊蔀に坐するが若し。嗚呼旨有るかな鍼や。何ぞ妄りに二氏之を取らずと謂はんや。


◇ 目 次 ◇
 
 補瀉迎隨を論ずる第一
 井栄兪経合を論ずる第二
 虚実を論ずる第三
 謬鍼を論ずる第四
 腹経穴
 九鍼の図
 十五絡脈
 十四経穴並びに分寸
 鍼灸要穴の論
 禁鍼穴歌
 禁灸穴歌
 選鍼三要集跋

<<前へ | 目次 | 次へ>>
広告