『鍼灸重宝記』本郷正豊著

『鍼灸重宝記』は江戸時代の享保3年(1718年)に本郷正豊によって著された鍼灸治療に関する書物です。
本郷正豊先生に関しての資料が残っていないため、どのような人物だったかは失伝していますが、鍼灸に関して非常によくまとめられた書物であったといえます。
また、『鍼灸重宝記』は名鍼灸師として名高い八木下勝之助先生が愛読していた事で有名です。八木下先生はこの本を頼りに非常に優れた治療を行っていたと言われています。毎日毎日何十年も読み続けていたそうです。幾度となく繰り返し読むことにより鍼灸治療の究極の境地に至ることが出来るのかもしれません。
今回このブログでは『鍼灸重宝記』の全文掲載を目指して、少しずつ入力していこうと考えています。

鍼灸重宝記

『鍼灸重宝記』本郷正豊著(1)

『鍼灸重宝記』本郷正豊著 1718年 鍼灸之法診脉之要経絡之弁 群 書 摘 英 疾在腠理熨炳之所及 鍼灸重宝記 病在血脉鍼石之所及 ...
2020年5月26日
スポンサーリンク
このページをSNSでシェア
やまと治療院をフォローする