東洋医学の豆知識

鍼灸治療で使われる道具

鍼灸治療を初めて受ける方にとって、実際に治療で使われる道具がどのようなものなのか関心が有るのではないでしょうか?
ここでは、簡単に道具を紹介していきます。名称をクリックすると詳細ページに移動します。
  1. 毫鍼(ごうしん)
  2. 鍼管(しんかん)
  3. 皮内鍼(ひないしん)
  4. 鑱鍼(ざんしん)
  5. 鍉鍼(ていしん)
  6. 圓鍼(えんしん)
  7. 打鍼(だしん)
  8. 艾(もぐさ)
  9. 透熱灸(とうねつきゅう)
  10. 円筒灸(えんとうきゅう)
  11. 温灸(おんきゅう)

経絡・経穴

経絡人形東洋医学では全身に気・血・津液(水)というものが巡っていると仮定して考えています。
身体の中で気血の流れる道を経脈(けいみゃく)、経脈同士をつなぐ道を絡脈といいます。経脈と絡脈を総称して経絡(けいらく)と言います。経脈上に現れる反応点(一般的に「ツボ」といわれる)を経穴(けいけつ)と言います。
全身の経脈の一覧は以下の表の通りです。この中で、実際に独自の経穴があるのが12本の正経(せいけい)と奇経(きけい)の任脈・督脈になります。
気血は正経の手の太陰肺経から順番に流れていき、足厥陰肝経からまた手の太陰肺経に戻るように循環しているとされています。また、奇経に関しては正経が溢れたとき等に流れるとされています。
「経絡」というものは目に見える物ではなく、概念的なものですが、このような仮説を作っておいた方が治療がやりやすかったのではないかと考えられます。また、実際に経絡に沿って反応が出るなどの経絡現象は多々見られることです。この経絡説を元に効果をだしながら続いてきたのが鍼灸医学になります。その為、現在でも治療を行う上で経絡・経穴は非常に重要なものとなっています。
名称 よみがな 種別
手の太陰肺経 てのたいいんはいけい 正経
手の陽明大腸経 てのようめいだいちょうけい 正経
足の陽明胃経 あしのようめいいけい 正経
足の太陰脾経 あしのたいいんひけい 正経
手の少陰心経 てのしょういんしんけい 正経
手の太陽小腸経 てのたいようしょうちょうけい 正経
足の太陽膀胱経 あしのたいようぼうこうけい 正経
足の少陰腎経 あしのしょういんじんけい 正経
手の厥陰心包経 てのけついんしんぽうけい 正経
手の少陽三焦経 てのしょうようさんしょうけい 正経
足の少陽胆経 あしのしょうようたんけい 正経
足の厥陰肝経 あしのけついんかんけい 正経
督脈 とくみゃく 奇経
任脈 にんみゃく 奇経
陽蹻脈 ようきょうみゃく 奇経
陰蹻脈 いんきょうみゃく 奇経
衝脈 しょうみゃく 奇経
陽維脈 よういみゃく 奇経
陰維脈 いんいみゃく 奇経
帯脈 たいみゃく 奇経

東洋医学の基礎知識

東洋医学を理解する上で必要となってくる基礎知識を簡単に説明します。
東洋医学に関する正しい知識にふれる機会があまりないと思いますので、説明を作成していきたいと思います。
以下の項目をクリックすると各説明ページに移動します。
(これらは少しずつ作成して行きますので、気長にお待ち下さい。)
  1. 陰陽五行説

東洋医学の偉人伝

一般の皆様は東洋医学になじみが薄いため、東洋医学の偉人などほとんど知らないと思います。そこで、ここでは少しずつ東洋医学における歴史に残る偉人達を紹介していきます。
名前をクリックすると解説ページに移動します。
  人名 備考
杉山 和一 管鍼法の創始者
2 丹波 康頼 現存する日本最古の医学書『医心方』の著者

鍼灸資料

私が打ち込んだ著作権の切れている鍼灸資料を掲載します。なお、個人的に打ち込んだ物であり、誤字脱字などある可能性があります。あくまでも参考までにご覧ください。

杉山流三部書

杉山和一検校が著した鍼灸の教科書です。書名をクリックすると本文に移動します。

柳谷素霊先生の著作

昭和初期に活躍した鍼灸師に柳谷素霊先生と言う方がいます。臨床家であり教育者であり鍼灸業界の立て直しに大変尽力されました。
著作権の保護期間が終わっていますので、先生の著作物を少しずつ入力して掲載してみます。

鍼灸やまと治療院
〒185-0021
東京都国分寺市南町3-11-7
吉田ビル1F
TEL 042-326-2710

やまと治療院ブログ


【表示環境】
PCスマホケータイ