トップページ東洋医学の豆知識>医学節要集
杉山流三部書

医学節要集

総検校 杉山和一著

先天之事

夫れ人の身に先天の元気と云ふことあり。則ち腎間の動気なり。これを先天の元気と云ふことは人の身未だ生ぜず五臓六腑具はらざる先に稟る元気なる故、是を先天の元気と云ふ。
易に先天、後天と云ふこと有り。伏羲の易を先天と云ひ、文王の易を後天と云ふ。先天の易は河図より出でたり。河図と云ふものは五行初めて生づる次第を顕すなり。五行の生ずる次第は、天一水を生じ、地二火を生じ、天三木を生じ、地四金を生じ、天五土を生ず、地六水を成し、天七火を成し、地八木を成し、天九金を成し、地十土を成す。斯くの如く次第して五行の生ずるに最初に生ずるは水なり。是れ天地四方全く具はらざる以前の事なる故、是れを先天と云ふ。
霊枢経脉編に曰く、人初めて生ずるに先づ此の性を為すと云へり。人の生まるること父の一滴の水気、母の胎内に入りて此の水気根元と成りて漸々に五臓六腑一身五体生じて堅まるなり。此の水気は直に腎間の動気にて則ち先天の元気なり。人の五臓六腑未だ生ぜざる以前、最初に水生ずる故、天地と人と一理なるを以て是れを先天の元気と云ふ。人の身に限らず惣じて鳥、獣、魚、虫の類までも生ずる初めは皆水なり。能く攷ふべし。此の腎間の動気は腹にては臍の下気海丹田の所なり。故に越人の曰く腎間の動気は臍の下に有りて十二経の根本、人の命綱なりと難経に見えたり。又、内経刺禁論に曰く七節の傍らに小心ありと云へり。其の七節の傍らとは背骨の下の端より上え七つ目の節の傍らなり。大椎より是を算うる時は十四の椎の傍らに当たる。これ腎間の動気のつどひ発する所なり。然るに何れの書にも腎間の動気を躍り動く所の動気なりと論じたり。然れども腎間の動気を臍の下に於いて診るに分明に見えがたき人もあるものなり。然る時は何を以てか腎間の動気を知らん。爰を以て案ずるに腎間の動気を動き躍る動気とのみにては其の道理尽きざるなり。何んとなれば生々子の赤水玄珠に腎間の動気を論じて曰く動は生元陽の動なりとあり、此の意を考ふるに動くと陽は一体なり。然る則は腎間の動気は人の生ける陽気なり。其の生ける陽気は則ち腎中に有り。故に一身中の陽の根本は腎中の陽気なり。前に言ふ如く腎間の動気の事は生々子の輩に至るまでは古人も是を見分くること成り難し。故に腎間の動気を候ふこと詳らか知るといへども口伝なれば分明には伝へがたし。然れども大体臍の下に於いて腎間の動気を医師の手を以て診るに先づ医師の気を鎮め其の候ふ手と心と一体にして考ふる則は知るべし。
さて腎間の動気は腎中の陽気にして人の生くる根本なり。故に其の腎中の陽気を云ふに譬へば、灯台に灯火有るが如し。灯火あるが如しとは、譬へば真ん中に火燭在る時は其の座敷明らかなり。油尠なくなる則は灯火自ら微かなり。微かなる則は其の座敷隅々より暗し。油竭きて灯火滅る則は其の座敷皆以て暗し。案ずるに病人も亦斯くの如し。腎の臓の陽気不足せざる則は惣身光(つや)有りて手足自ら涌(あたた)かなり。陽気不足する者は惣身光失せて腹も空虚になるべし。故に死症に及ぶものは先ず手足より寒るなり。案ずるに、油不足して灯火微かなる時はその座敷隅々より暗しと云ふも、亦病人の腎の陽気不足して手足より寒ると云ふも同意なり。難病一の難に曰く、寸口の脉を採って生死を識り最も寸口の脉絶する則は死すると云う。何を以て言ふとなれば寸口の脉の有り所は手の太陰肺経の流るる所にして五臓六腑諸々の経絡の気の聚まりつだふ所なるが故に寸口の脉を取て生死を識る。又、寸口の脉絶する則は死すると云ふ。然れども六脉有りて死すること有り。是を案ずるに食する所の水穀の気暫くは保つ者なり。故に六脉あり。然れども元腎間の動気竭くる所以にして死するなり。是を以て攷ふるに譬へば草木などを根を剪て水に挿す則は花瓶の裏にて開くことあり。是水気を受けて須叟くは保つといへども終には枯るる。是れ根なきの故なり。人も亦斯くの如く食物の穀気暫くは保つが故に六脉有りといへども終には死す。是れ腎間の動気竭くる故なり。其の陽気竭くると云ふは則ち草木の根の無きが如し。又、難経八の難に曰く、寸口の脉平なりといへども腎間の動気竭くる時は死すと云へり。然る則は縦令寸口の脉絶すといへども腎間の動気竭きざる則は療治叶ふと見へたり。茲を以て考ふるに油有りて灯火不意に滅ることあり。滅るといへども余所の火を以て是を灯す則は復た故の如く灯火煽なり。寸口の脉絶すといへども腎間の動気竭きざる則は必ず死すと云ひ難し。灯火油竭きて滅る則は余所の火を以て灯すといへども叶はず。人も亦此の如し。腎の臓の陽気と云ふことは陰中に陽のある意なり。何んとなれば周易に坎の卦は水なり。則ち坎中連と云ひて上下の卦は陰にして離れて有り。中は則ち陽にして連なる。是陰中の陽に非ずや。茲を以て案ずるに腎の臓の性は水にして陰なり。然る則は腎間の動気を腎の臓の陽気と云ふことは其の理博ふして明らかなり。 又難経に曰く、腎間の動気は臍の下に在りて人の性命十二経の根本なりと云ひしは天一水を生ずるの道理なり。凡そ此の腎間の動気のことは医道の口伝なり。

後天之事

夫れ後天の元気とは胃の気のことなり。是れ右に論ずる先天に対して易道の上にては天地既に闢け五行生じて東西南北の四方定まりたる以後より論ずる所を後天と云ふ。故に人の身にて中焦胃の気を五行にて云へば土にして五臓六腑より一身の中、爪の端、髪、筋の端までも此の胃の気の養ひにて成長する所にして天地の間の万物土地の気に養はるると一つ、故に医道にては胃の気を直に指して後天と云ふ。素問太陰陽明論に曰く胃土の性万物を生じ天地に法るとある義此の意なり。故に人出生の初めの元気は先天の元気にして此の身既に生じ今日此の身立つことは後天の元気なり。茲を以て人の生死吉凶はみな此の二元気に関るなり。其の胃の気と云ふは人生じて食する所の水穀を胃の腑え受けて中焦に於いて腐熟とこなす。其の中焦は臍と鳩尾との間を八寸に取りての正中に当たる。則ち胃の気の発する所の根本なり。栄衛も亦此に始まる。其の腐熟とこなす所の水穀の濁りて穢らはしき糟は下部の大腸小腸へ運びて大小便となる。其の水穀の清て浄き所の気は中焦に於いて化して栄衛となる。最も栄衛と成るといへども未だ栄衛一体にして胸膈に升り肺の臓に至る。霊枢に曰く上焦開発の衛気とは則ち是なり。また是を宗気とも云ふ。宗気と名る則は中焦より膻中に積気をさして云ふ。然れども其の気のつどひ発する所は左の乳の下動脉躍る所なり。是を虚裏の動と名く。内経に曰く虚裏の動衣に旺ずるものは三年に死すとは是を謂ふなり。
斯くの如く栄衛一体にして肺の臓に升り肺の臓に至て栄衛の二つと分かれ陰となり陽となる。則ち気血の事なり。此の意を案ずるに譬へば風呂の中の湯の煙風呂一盃に充つるまでは煙一体なり。人も亦斯くの如し。栄衛一体にして肺の臓に升ると云ふも湯の煙風呂一盃に充つるまでは煙一体なりと云ふも同じ意なり。則ち栄は陰にして血なり、衛は陽にして気なり。是を譬ふるに湯の煙風呂一盃に充ちて天井に露浮ひて瀝りとなる。案ずるに煙は状なければ陽にして人の気に表し、瀝りは形有れば陰にして人の血に表す。栄は脉中を行き、衛は脉外を行く。其の脉中脉外とは経絡の内を行き外を行くのことなり。案ずるに腎間の動気又は栄衛宗の三気と雖も是を総れば一体なり。然れども今日の上を以てこれを譬ふるに人生れて今日安泰堅固たりといへども水穀を食せざる時は胃の気竭くれば惣身肉脱して死する事三七日を過さず。又腎間の動気は人の性命十二経の根本なりといへども水穀を食する時は色欲猥りといへども忽ちには死せず。此を以て案ずるに人の元気は胃の気なり。

腹の見様之事

内経に曰く夫れ人に五臓とは肝心脾肺腎なり。然るに此の肝心脾肺腎の五臓の中、何れの臓なりとも大過不及無き則は平人なり。平人と云ふは則ち病無き人のことなり。若し何れの臓なりとも大過するか或ひは不及する則はすなはち病有る人のことなり。其の大過と云うは其の臓に邪気盛んなる事なり。不及とは其の臓の不足する事なり。
経に曰く五臓各主る所腹を以て是を定むるに臍を中央にして其の所を定むるが故に臍の左は肝の臓の主り、臍の上は心の臓の主り、臍の右は肺の臓の主り、臍の中央は脾の臓の主り、故に臍の左恒に動気在りて是を按ば塊有るものは肝の臓に邪気在りと知るべし。臍の上常に動気在りて其の所に塊在るものは心の臓に病あり。臍の右常に動気在りて塊在るものは肺の臓に病あり。臍の下常に動気強く塊在るものは腎の臓に病あり。極めて臍の中常に動気強きもの脾の臓に病在りと知るべし。惣じて左の腹に病在るものは大様大過と意得べし。何んとなれば夫れ人は南に向くものなり。故に人の左は東なり。東は春を主りて陽を生ず。故に大過とす。右の腹に病在る者を不及とす。何んとなれば夫れ人は南に向くものなり。故に右は西なり。西は秋を主りて陰を生ず。故に不及とす。古書に春は陽を生ず。故に春初めて万物生ずるとあり。何んとなれば草木は芽を出し花開け虫獣の類までも冬三月穴籠もりして春発生の気を受けて咸其の穴を出るなり。春は純ら陽盛んにして浮み升るが故に斯くの如し。又曰く秋は陰純らにして陽は降りて地中に入り草木の花葉悉く落ち鳥獣の類皆秋の陰気を稟て悉く毛隕つるなり。是れ皆難経の意なり。其の外諸書に見えたり。又曰くそれ人の身に陰中に陽あり、陽中に陰ありと云へり。何んとなれば周易に於いて坎の卦は水にして陰なり。故に上下の爻は離れて陰の卦なり。中は陽にして連なる。離の卦は火にして陽なり。故に上下の爻は陽にして連なる。中は離れて陰爻なり。是れ所謂、陰中の陽、陽中の陰と云ふものなり。故に人の身にも陰中に陽、陽中に陰ありと知るべし。是れ故に左は純ら陽なりといへども復た中に陰あり。何んとなれば動く所を陽とし静かなるものを陰とすと云へり。然る則は左の手は陽なれば勝れて動くことを得べきことなれども働くこと右に及ばず。是れ所謂陽中に陰有るに非ずや。右は極めて陰たりといへども復た中に陽あり。此の故は静かなるものを陰とすと云へり。右の手は陰なれば静かなるべきことなり。然れども働くこと左に勝れり。是れ所謂陰中に陽有りと知るべし。足も亦斯くの如し。気は陽、血は陰たりと雖も血病は左、気病は右にあり。是れ所謂陰中に陽病、陽中に陰病有りと云ふものなり。惣じて陰陽の事は数多有りと雖も略して是を記さず。類を以て推して識るべし。斯くの如く源を知りて其の後腹を候ふべし。
一、医師病人に臨んで腹を候ふに先づ左の手を以て病人の中脘の所に安き、呼吸四五息が間を候ひ、其の後臍下気海の所に安き、呼吸四五息の間是れを候ふ。上下の釣り合ひを見て元気の強き弱きを攷ふべし。惣じて腹に見る所数多有りと雖も略して此を記さず。案ずるに医師の手を以て腹の中を診るに手意に軽重あり。何んとなれば皮めに軽く押しては衛気を候ひ、重く押しては栄気を候ふ。故に軽重ありと云へり。是れ脉に浮中沈ある意なり。
伝に曰く腹を候ふて生死を識る事、八箇條あり。一には左右の肋の下より塊指し出で鳩尾端兜のしころ(革+周)の如し。二には中脘の上手を以て是を押すに碁石の如くなる物数多あり。三には臍下より動気衝き升りて左右を分かたず胸の裏に乱入なり。四には臍の廻り崖離れする者あり。五には臍の内より気海の辺に塊指し出る者あり。六には惣じて腹の内を診るに羅にて大豆を裏めるが如し。七には臍下気海の辺に筆の管の如くなる塊見ゆるなり。八には左右とも大横の穴と上の通り期門の所極めて陥く手を以て是を押すに滑にして力なし。大横の下五枢の穴の辺極めて陥く手を以て押すに力なし。斯くの如くなる者は終には死すと云へり。凡そ此の八箇條を以て考ふる則は生死を見ること数多有りと雖も推して識るべし。
又、伝に曰く左右の髀枢、足の腨内、手の尺部、肉脱るものは必ず死すこと遠からずと云へり。此の如くなることを辨へて医師たる人腹を候ふ則は必ず道に至るべしと伝に云へり。

食物胃腑え受けて消化道理之事

夫れ人の脾胃は下部の陽気通じ亘りて運動すること太し。呼吸の数は一日一夜に一万三千五百息にして須叟くも淀みなければ気の運ること盛んなり。故に呼息吸息に脾の臓の働く所より胃の腑の内動き揉まるるが故に食物も腐熟ものなり。
人又寐る則は食物常よりこなれ兼るものなり。此の意を案ずるに動く所を陽と云ひ人も亦眠らざる時は陽なり。故に三焦の気運ることも壮んなり。人、形動かずと雖も眠らざれば万の事耳に聞き、眼に遮る則は其の意動くべし。且、起居挙動につき形も動かずと云ふことなし。又、人寐る則は静かにして陰なり。陰なる則は気の行ること遅し。其の上、起居働きをも為ざる故水穀常より腐熟兼るものなり。三焦のことは末に見たり。或いは遠路を走り足手働く則は食物平生より一際早く腐熟ものなり。此の意を案ずるに皆相火の道理なり。相火と云ふは物の動き揉める所より生ずる火の事なり。譬へば石より打ち出す火も相火なり。或いは茂りたる山、風吹く時に火の出ることあり。皆艸木倶に動き揉み合はする所より生ずるものなり。或いは復た水は純ら陰たりと雖も其の動く所より火も生ずるものなり。譬へば海中に火の起ことあり。是を龍燈と云ふ。或いは荒溟(あらうみ)にて水の勢ひ強く濤の立動く所より起ものなり。是れ龍燈に非ず。実は水の動く所より生ずる火なり。この事は格致相火論に論ずる所の丹渓の意なり。人も亦斯くの如し。或いは急に走り足手動き働く則は汗出で又は食物も墾るるものなり。是れ皆、脾胃の火気熾んに成る故なり。
木火土金水の五行と雖も土は五行の中央に在るものなり。内経に脾は四肢を主ると云ふ。四肢とは四の手足のことなり。譬へば春は木を主ると雖も春の季の土用を得て其の木を成就し、夏は火を主ると雖も夏の季の土用を得て其の火を成就し、秋は金を主ると雖も秋の季の土用を得て其の金を成就し、冬は水を主ると雖も冬の季の土用を得て其の水を成就す。此の如く五行の木火土金水、皆な土を得て成就すと云ふ則は人の手足も一身中の季にして皆な土を主る。是四季の末に土用が有るが如し。故に脾は四肢を主ると知るべし。然る則は足手動き働く時、脾胃の火気煽んなること、其の理明らかなり。火気煽んなる則は食物も墾れ最も汗も出べし。是れ皆、相火の所為なり。其の相火と云ふは生ずる所に定まる所もなく何にても動く所を本として生ずるものなり。

三焦之事

夫れ三焦は水穀の道筋を主りて食物を墾す。則ち上焦中焦下焦の三つを合して三焦と云ふ。其の上焦中焦下焦の三に分くる事は天地人の三才のある意なり。然る則は腎間の動気は天に日月有るが如し。日月有るが如しとは譬へば草木滋ひ出で物の日に干して乾くと云うも是日月の恵みに非ずや。前に書き記す所は灯火を以て腎間の動気の事を云ふ。爰に専ら三焦を言ふ所以にして日月を以て諭とす。然る則は灯火有りて其の座敷明らかなりと云ふも亦日月の恵みに因て草木滋ひ出で物の日に干して燥くと云ふも同意なり。案ずるに三焦と腎間の動気とは元一体なりと雖も分かれたる所を以て是を譬ふるに、灯火ありて其の座敷明らかなる所、又、日月の恵みに因りて草木潤ひ物の日に干して乾く所、是れ則ち三焦なり。故に三焦遍満の気と云ふ。難経に曰く、三焦は名有りて形為し、泡の如く霧の如しと言ひしも此の意にて非ずや。三焦は医道の第一の口伝なれば其の理博して限りなし。故に大底を記すなり。霊枢十八篇又は難経三十一の難を見る則は審らかに知るべし。此の三焦と云ふは畢竟下焦が根本なり。下焦は直に腎間の部なり。

井栄兪経合之事

夫れ五臓に各井栄兪経合あり。六腑に各井栄兪原経合あり。皆手足を主る。故に経絡にも終始有り。肺心二臓の井栄兪経合は経絡の終りに有り。脾肝腎三臓の井栄兪経合は経絡の始めに有り。膀胱胆胃三つの井栄兪原経合は経絡の終りにあり。大腸小腸三焦三経の井栄兪原経合は経絡の始めにあり。假ば肺経の井栄兪経合は少商の穴を井とし魚際を栄とし太淵を兪とし経渠を経とし尺沢を合とす。大腸の井栄兪原経合は商陽を井とし二間を栄とし三間を兪とし合谷を原とし陽谿を経とし曲池を合とす。此の他の諸経は肺大腸の例を以て知るべし。
夫れ井栄兪経合と名ることは何を以て言となれば難経本義に項氏が家の説を引いて曰く谷間より湧き出る水の源を指して井と云ふ、人の井穴も気血の流れ出る源なり、故に井と云ふ。栄穴は谷間の水湧き出て後、状の見ゆる所に連続して栄と云ふ。兪穴は水の湧き出て溢るる所に准へて兪と云ふ。経穴は水の溢れて流れ行く所に准へて経と云ふ。合穴は水の流れて陥入る所に准へて合と云ふ。故に内経に曰く、出る所を井とし、行く所を経とし、入る所を合とすと云ふ。皆、水の湧き出て後或いは溜(あふ)れ或いは注ぎ或いは行(なが)れ或いは水の流れて陥入る意なり。
又、六腑の井栄兪経合に原穴の有ることは何を以て言となれば、夫れ三焦は腎間の動気の別れなり。是に因って崇めて三焦を原と名く。最も三焦は腎間の動気の使は令めたるが故に何れの経に於いても諸の陽分の経絡をうち巡るが故に何れの経に於いても此の三焦の気の行り止まる所を原穴と云ふ。然る則は三焦の名なり。是皆難経六十六の難を承けて云ふ。
夫れ井栄兪経合に木火土金水の五行具はるなり。然れども陰分の経絡、陽分の経絡に因りて違ひあり。陰分の経絡の井穴は木を主り栄穴は火を主り兪穴は土を主り経穴は金を主り合穴は水を主る。是れ皆相生なり。相生と云ふは木生火、火生土、土生金、金生水、水生木を指して云ふ。是れ皆親子の道理なり。譬へば井穴は木、栄穴は火、木は火を生ずるものなり。故に親子と云ふ。斯くの如く井穴より合穴に至るまで此の例を以て是を算ふる則は皆以て相生なり。又、陽分の経絡の井穴を金とし栄穴を水とし兪穴を木とし経穴を火とし合穴を土とする時は前の陰分の経絡に言ふ所の如く是れ亦相生なり。譬へば井穴を金とし栄穴を水とする則は金は水の母なり。故に親子と云ふ。此の如く井穴より合穴に至るまで是を算ふる則は皆以て相生なり。又、陰分の経絡の井栄兪経合と陽分の経絡の井栄兪経合と並べ合はせて見る則は相剋なり。相剋と云ふは木剋土、土剋水、水剋火、火剋金、金剋木なり。譬へば陽分の経絡の井穴の金と陰分の経絡の井穴の木と並べ合はせて是を見る則は相剋に非ずや。斯くの如く陰の経絡、陽の経絡の井穴の例の如く栄穴より合穴に至るまで並べ合はせて是を見る則は各相剋なり。復た是を夫婦とも云ふ。
夫れ井栄兪経合の五つ各病を治することを主るが故に古人は専ら井栄兪経合を以て病を治すると云ふ。其の井穴の治する所の病を云ふに難経に曰く井は心下充ることを主りて肝木の疾なりと云ふ。其の心下充ると云ふは心下の塞がり満て痞る事なり。何を以て言となれば肝の臓の性は木なり。脾の臓の性は土、最も心下も脾胃の主る所なり。故に肝の臓より木剋土と剋する所の病なり。是を治するに井穴に鍼を刺す。井穴も木を主るが故なり。栄穴は身の熱を治すると云ふ。何を以て云ふとなれば心の臓の性は火なり。栄穴も火を主るが故に此の病を治するに栄穴に鍼を刺す。是れ皆心火の病なり。兪穴は体重く節痛むを治するといふ。其の体重く節痛むとは内経に曰く脾は四肢を主ると有り、故に脾の臓の気不足する則は手足に力なし。力無ければ体重し。又、土は湿の気なり。夫れ濁る物は湿気とす。是れ故に土の性は重きものなり。内経に曰く湿気は人の皮肉筋脉を傷るとなり。手足一身の節々の所は気血至極清ざれば痞へて行り兼るものなり。湿は土気にて重く濁りたる気故別して節々の所に滞り運り通ること成り難し。故に此の病を治するに兪穴に鍼を刺す。兪穴も土を主るが故なり。経穴は喘咳寒熱することを治すると云ふ。其の喘咳寒熱とは或いは喉すだき或いは咳嗽或いは熱し悪寒のことなり。何を以て言となれば肺の臓の性は金なり。経穴も金を主るが故に此の病を治するに経穴に鍼を刺す。肺金の病なり。合穴は逆気して泄することを治すると云ふ。その逆とは気の逆上することなり。夫れ腎は水にて升る事は無けれども腎中の命門の陽気は一身陽気の根本なり。惣じて陽の性は逆上ものの故に腎の積を奔豚と云ふ。此の積等が則ち腎気の逆上なり。泄するとは大便下るを云ふ。何を以て言となれば腎の臓の性は水なり。合穴も水を主るが故に此の病を治するに合穴に鍼を刺す。是れ皆腎水の病なり。案ずるに腎の臓は脾胃の括締として下部を主るが故に内経に曰く腎は胃の関なりとあり。関と云ふ字はせきと訓なり。此を以て腎は下部を司りて脾胃の括締たること明けし故に大便下るを主ると云ふ。夫れ古人は専ら井栄兪経合を以て病を治すると云ふは則ち是なり。
又、難経に曰く春井穴に鍼を刺すことは邪気肝の臓に有り。土用に兪穴に鍼を刺すことは邪気脾の臓に有り。秋経穴に鍼を刺すことは邪気肺の臓に有り。冬合穴に鍼を刺すことは邪気腎の臓に有り。此の如く春は井穴、夏は栄穴、秋は経穴、冬は合穴、土用に兪穴を刺すとは何を以て云ふとなれば、肝の臓の性は木なり。木は春を主る。故に其の邪気肝の臓に有り。茲を以て春の病は井穴に鍼を刺す。井穴も亦木を主りて肝の臓に属する故なり。心の臓の性は火なり。火は夏を主るが故に其の邪気心の臓にあり。此を以て夏の病は栄穴に鍼を刺す。栄穴も亦火を主りて心の臓に属する故なり。脾の臓の性は土なり。土は季の夏を主る。季の夏とは土用の事なり。故に其の邪気脾の臓に有り。此を以て土用の病は兪穴に鍼を刺す。兪穴も亦土を主りて脾の臓に属する故なり。肺の臓の性は金なり。金は秋を主るが故に其の邪気肺の臓に有り。茲を以て秋の病は経穴に鍼を刺す。経穴も亦金を主りて肺の臓に属する故なり。腎の臓の性は水なり。水は冬を主るが故に其の邪気腎の臓に有り。茲を以て冬の病は合穴に鍼を刺す。合穴も亦水を主りて腎の臓に属する故なり。
或人問う四時を五臓に合すれば春は肝、夏は心、土用は脾、秋は肺、冬は腎、是なり。皆其の四時を司る所の旺分と云ふものなり。旺ずるものは邪を禀ずと難経に見たり。然れば春は肝の井穴、夏は心の栄穴、土用に脾の兪穴、秋は肺の経穴、冬は腎の合穴に鍼を刺して邪を避るとならば是旺ずるもの邪を禀るなり。如何。答えて曰く旺分とは其の時を主て其の位在ることなり。前に言ふ所の邪気と云ふは外より来る邪気に非ず。其の時旺分主るものの気の亢りたるものなり。其の旺分の気の平和なる則は無病安穏の其の位相応の旺分なり。亢りて盛んなる則は却って病にして邪気なり。故に其の気の亢りを鍼して平和ならしむる則は却って時の旺分の気を助くるものなり。前に言ふ所の五臓の邪気を井栄兪経合に鍼刺して避ると云ふ。其の邪気と云ふは外より来る邪気に非ず。旺ずるものは邪を受けずと云ふの邪は外より来る邪なり。惣じて此の篇の始めより終わりに至るまで是を能く校ふる時は井栄兪経合を詳らかに知るべし。

五臓に五臭、五声、五色、五味、五液を主る事

夫れ五臭とは五つのにほひなり。譬へば心の臓は萬の香を主る。何んとなれば心の臓の性は火なり。萬の物火に入れて焼く則は必ず臭ひ出るなり。故に心の臓は萬の臭ひを主る。肺の臓は萬の声を主る。何んとなれば肺の臓の性は金なり。金は音の高きものなり。故に肺の臓は萬の音を主る。肝の臓は萬の色を主る。何んとなれば肝の臓の性は木なり。木は春を主るが故に萬の物より草木は色深し。故に肝の臓は萬の色を主る。脾の臓は萬の味を主る。何んとなれば脾の臓の性は土なり。夫れ五味は五穀より出る味なり。五穀も亦土より生ず。故に脾の臓は萬の味を主る。腎の臓は萬の液を主る。何んとなれば夫れ腎は水を主るが故なり。斯くの如く心は臭を主り肺は声を主り肝は色を主り脾は味を主り腎は液を主ると雖も又一臓の中にも五臭五声五色五味五液有り。假へば肝の臓の病は色青し。香臭き匂いは肝なり。人を喚ぶ声も肝なり。声を出さずして泣く泪も肝なり。味酸きも肝なり。心の臓の性は色赤し、焦がれ臭きは心なり。笑う声も心なり。汗の出るも心なり。味苦きも心なり。脾の臓の性は香馥(かふ)ばし。色黄なるは脾なり。甘き味も脾なり。歌唄ふも脾なり。涎も脾なり。肺の臓の性は色白し。味辛きは肺なり。憂ふる声も肺なり。涕の出るも肺なり。生臭きも肺なり。腎の臓の性は色黒し。味鹹は腎なり。うなる音も腎なり。腐れ臭きも腎なり。尿も腎なり。此の如く一臓の中にも五つの主り五臓併せて五五、二十五。故に一臓の中に万病有りと雖も止まる所は五行なり。

脉之事

夫れ脉は古は人迎気口を候て内傷・外感を診るなり。然るに其の後手の三部を以て一部に浮中沈を候ひ上焦・中焦・下焦・五臓・六腑を攷へて病の軽重・大過・不及・生死を識る。
寸口・関上・尺中を定むる事。先づ脉を候ふに脉所の高骨の正中を能く探りて医師の中指を以て高骨の下に当たる。是を関上と云ふ。高骨とは俗に云ふ踝の事なり。此の関上の所を能く定めて食指を取りて中指と並べて当たる。是を寸口と云ふ。関上の後ろに小指の次の指を当たる。是を尺中と云ふ。此の三所に三つの指を当てて浮けては腑の病を候ひ、押しては臓の病を知り、中に押しては胃の元気を診るなり。是を浮中沈と云ふ。寸口は上焦、陽にして天に象る、是に由りて胸より頭に至るまでの病を候ひ、関上は中焦、半陽半陰にして人に象る、是故に胸より臍に至るまでの病を候ひ、尺中は下焦、陰にして地に象る、故に臍より足に至るまでの病を候ふ。寸口を陽脉とし尺中を陰脉とす。故に関上は寸口と尺中との間、陰陽の界目と云へり。惣じて寸関尺の脉の座一寸九分と意得べし。さて丈高き人の脉を取るには医師の指を拡げて脉の座を広く取るなり。丈の小さき人の脉を取るには医師の指を狭く脉の座を詰めて取るべし。さて左の手の寸口の脉を心小腸と取り、関上の脉を肝胆と取り、尺中の脉を腎膀胱と取るなり。右の手の寸口の脉を肺大腸と取り、関上の脉を脾胃と取り、尺中の脉を命門三焦と取るなり。左の手の三部にて臓腑を診るに指を軽く浮けては小腸胆膀胱の三腑を候ひ指を重く押しては心肝腎の三臓を診るなり。右の手の三部にて臓腑を診るに指を軽く浮けては大腸胃三焦の三腑を診み、指を重く押しては肺脾命門の三臓を診るなり。腑は陽なるが故に軽く候ひ臓は陰なるが故に重く押すと知るべし。陽は外を主り陰は内を主るが故なり。
夫れ二十四脉七死の脉有りと雖も名医も是を取り分ける事成り難しと中華(もろこし)の書にも見へたり。然るに今の医師増してや况、唯、浮中沈遅数弦緊結伏人迎気口の八脉を取明(ぶんみゃう)に取り分くて病の源を知るべし。人迎の脉とは左の手の寸口と関上との間なり。此の説は王叔和が脉経に見えたり。然れども気口人迎の脉寸口関上の間一部にては見分くること成り難き。故は今是を撿議(せんぎ)して左の寸口を総て人迎と定め右の寸口を総て気口と定むるなり。然るに左の手の人迎の脉右の手の気口の脉より緊しく強く打たば外感の病と知るべし。外感とは外より入る病なり。譬へば四時の気、或ひは風寒暑気湿気、或ひは熱し燥く気等に中るの病なり。右の手の気口の脉、左の手の人迎の脉より緊く強く打たば内傷の病と識るべし。内傷とは内より傷れ損ずるなり。譬へば飲食等を過して腹中を損じ、或ひは忿を過して肝の臓を傷り、喜びを過して心の臓を傷り、憂ひを過して肺の臓を傷り、思を過して脾の臓を傷り、恐を過して腎の臓を傷り、知恵才覚を過して神を削るる類の病なり。能く攷へて取り分くべし。
浮脉とは浮て打つ脉なり。指を皮めに軽く浮けて取るべし。浮かんで力有るは風を引きて小鬢痛み項噤み身に熱気有りて眩暈意有りと知るべし。浮かんで力無きは虚して小便黄に汗し易く節々発熱来る病と知るべし。或ひは手の中熱き意有りと知るべし。
沈脉とは沈んで打つ脉なり。沈んで力有るは大便常に結し腹中に気積有り。実したる症と知るべし。沈んで力無きは或ひは土座など臥し惣身重く腰足痛み脹満出る人と知るべし。
遅脉とは遅く打つ脉なり。遅く打ちて力有るは寒邪に強く傷られ惣身指噤みて手足の端より冷え升る人と識るべし。遅く打ちて力無きは腎虚して養生をせず小便繁く下焦の寒たる人と知るべし。
数脉とは疾く数ある脉なり。疾く打ちて力有るは傷寒の発熱温病暑気の属(たぐひ)と知るべし。速く打ちて力無きは或ひは疔(ちょう)癰(よう)風(ふう)毒(どく)腫(しえ)瘡(かさ)癬(かゆ)疥(がり)の症と知るべし。故に此の四の脉を以て諸病を候ふ。
弦脉とは弓の弦を引き張りて指にて押す如くなるを云ふ。惣身筋ひき(手へんに勾)攣る則はこの脉なり。浮かんで弦なるは瘧の脉と知るべし。
緊脉とは糸の如く細く引きつり(手へんに勾)指に緊く尖にいらいらとする脉なり。寸口に緊脉有らば胸より上に痛み有りと知るべし。尺中に緊脉有らば下焦に痛み有りと知るべし。緊脉左の手に有る則は左に痛み有りと知るべし。緊脉右の手に有る則は右に痛み有りと知るべし。緊脉両の手に有る則は惣身に傷み有りと知るべし。凡そ此の弦緊の二脉の事は王安道が泝回集に詳らかなり。
結伏の二脉を以て血塊積聚を知る。結脉とは遅く打ちて間々に一度打ち切れ結ぼる脉を云ふ。伏脉とは少しも打たずして不審なるに由って指にて脉筋を強く排(をしひら)くやうにして取って見ればいかにも底に沈んで脉打つ如くなるを云ふ。然るに此の結伏の二脉左の手に打つ則は左の腹に積塊有りと知るべし。右の手に此の脉打たば右の腹に塊積有りと知るべし。此の脉両の手に打つ則は悪脉と知るべし。霍乱強く吐瀉有る人には伏脉有るものなり。脾胃を温め燥きたるを滋す療治にて次第に脉現るるものなり。又、常怔(むな)忡(さはぎ)して痰有り痛み有る人には結脉有るものなり。心を養ひ気を行らす療治にて次第に脉続くものなり。兎角悪脉か病脉かを能く分別して取り分くべし。
平脉とは則ち病なき人の脉の事なり。其の平脉と云ふは其の人の壮盛老弱に由って定る事なれども大体医師の呼息吸息を一息とす。然るに呼吸一息の呼息に二動、吸息に二動、呼吸息の間の湛る所に一動、都て呼吸一息の間に五動打つを平脈と云ふ。是を能く辨へて寒熱の脉を候ふに、平脉より微し疾きを熱有る脉と識り、平脉より微し遅きを寒たる脉と知る。又、気血の虚実を診るに平脈より微し強きを実とし、平脉より微し弱きは虚とす。然れども肥えたる人の脉は沈み痩せたる人の脉は浮くものなり。此の浮沈を攷へて平脉か病脉かを捉り分くべし。
夫れ初めて脉を候に男は左の手より脉取り初むるとなり。然る則は医師の右手を以て候ふべし。女は右の手より脉捉り初むるとなり。然る則は医師の左の手を以て候ふべし。然れども俗語にて書に見えざれば定め難し。男女倶左に心肝腎、右に肺脾命門の五臓有りと言へば男女を分かたず左の手より捉り初めても苦しからず。然れども、後世は俗に従ひて男は左、女は右の手より脉捉り初むべし。
男の脉は寸脉常に強く尺脉弱きを能き脉なりと誉めたり。是陽の主るが故なり。女の脉は寸脉常に弱く尺脉強きを能き脉なりと讃めたり。是陰の主るが故に此の如し。又曰く男の脉女の脉の如く打つは変なり。女の脉男の脉の如く打つも是も亦変なり。男の脉は常に太く女の脉は常に細し。是陰陽の道理なり。
さて女の脉を候ふて居経(つきよどみ)の煩いか妊娠脉を捉り分くること肝要なり。月水止まりて後平脉より微し弱く寸脉細に五動程打ち脉少しも絶せざるを妊娠脉と識るべし。三部の脉動くこと甚だしく押して産門に出るは是も妊娠類脉なり。産門とは尺中の外を云ふ。或ひは寸脉関脉能く整ふと雖も尺中ばかり指の下に渋りて絶するは居経の煩いなり。居経とは月水二月も三月も滞りて下り遂に孕めることなく気恒に煩はしく不食し思慮深く鬱有る症なり。是は血塊積聚の類と成るなり。
臨産離経の脉を候ふこと。離ははなるると訓み、経は常なりとあり。然れば常を離れたることなり。前に言ふ如く人の脉は呼吸一息の間に五動打つが常なり。然るに呼吸一息に六動打つは是は疾くして常を離れたるなり。又呼吸一息に三動打つは是も亦遅くして常を離れたるなり。常とは平脉を云ひ離とは平脈に違ひたるを云ふ意なり。或ひは復脉至極細く沈みて骨に附て打ち強く按せば底力有りて珠数玉などを撫で探る如く粒々と手に触るを亦離経の脉と云ふ。凡そ此の三種の脉は皆、臨産の脉なり。斯くの如くして其の後額に寒汗出で腰腹強く痛むならば出産有りと識るべし。又縦令腰腹痛むとも時々痛みも止み離経の脉見へざる則は生るべからず。医師見分くること肝要なり。
さて小児の脉は九歳より捉ると云ふ説も有り、七八歳より捉ると云ふ説も有り、又は五歳女は六歳より捉ると云ふ説も有り。然れども三歳より内は虎口の紋を見ると有る。然る則は四歳よりはや脉を候ふべし。其の時医師の大指を以て小児の寸関尺の三部を一つに診るに呼吸一息に七八動打つを平脉とし九動十動打つを病脉とす。又一説に六動打つを平脈とし七八動打つを病脉とす。此の説は呉崑が脉語に誌せり。虎口の紋の論は何れの書にも詳らかなるが故に略せり。又小児に額脉と云ふこと有り。小児生まれて半年の頃を候ひ、さて一歳よりは虎口の紋の論を見て寒熱が虚か実かを候ふべし。其の額脉とは額と云ふ字はひたいと訓むなり。其の時医師の手を以て小児の額の鋭眥の上通りに食指を上にして中指無名指三の指を横に並べて診るに三の指ながを熱きは風寒に冒さるる症なり。三の指ながを冷るは吐瀉有る症なり。食指ばかり熱きは胸の中苦しむ症なり。小指の次の指ばかり熱きは飲みたる乳消し兼ねる症なりと識るべし。又、小指の次の指と中指と二つ熱せば驚風の下地なるべし。食指と中指と二つ熱きは上熱し下寒る症なりと知るべし。凡そ此の額脉の事は医学入門に見へたり。
托物(つきもの)祟物(たたりもの)の脉を識ること。脉の来る度毎に或ひは太く或ひは細く或ひは疾く或ひは遅く遂に定まらざる脉の容は皆托物の為なり。托物とは狐狸惣じて獣或ひは天地の悪気に中りなどする類。皆人に禍を為すものなり。祟物とは宗廟神霊の祟りなるべし。脉の意得、各々同じ事なり。
悪脉とは假へば病は熱して脉は遅く病は寒て脉は疾きの類、病と脉と相違なるを云ふ。内経に曰く病脉相反する者死するとは是なり。其の脉或ひは切れ或ひは続き或ひは結れ或ひは解けなどする類、皆死脉なり。
二十四脉とは七表八裏九道の事なり。七表とは浮・芤・滑・実・弦・緊・洪。八裏とは微・沈・緩・濇・遅・伏・軟・弱。九道の脉とは細・数・動・虚・促・結・代・散・革。七死脉とは弾石・解索・雀啄・屋漏・蝦游・魚翔・釜沸。弾石とは指にて小石を弾き除くる意なり。脉の容、医師の指に堅く当たる程に強く押して尋ね診るに指の下に散り失せて無き様なり。解索は譬へば草本の枝などを縄にて結ひ束ねたる其の結ひ縄の打ち解けて結ひたる枝の打ち乱るるが如く脉に締まりなく捌けて二筋にも三筋にも打つ脉なり。雀啄は雀の啄むが如く脉、啄々と三動も五動も打つかと思へば透きと切れて暫く間有りて復た右の如く打つを云ふ。鳥の餌食する如く嘴にてちょくちょくと啐(つつ)き急に止めて頭を挙げて居て復たちょくちょくと為るなり。是に肖たるが故に名づく。屋漏は脉一動打ち四五動打つ程も間を置きもはや脉切れたるかと思へば復た打つなり。間の久しく切る脉なり。雨漏り隕つる容なり。蝦遊は脉の容三部ともに浮脉にして浮かみて打つかと思へば間に不図沈みもはや浮かみ出ず歟と思へば復た不図浮かみ出る脉なり。蝦蟇の水の上を游ぐ状なり。又一説に蝦の游ぐとも有り。魚翔は脉の状三部等しからず。寸関は無くして尺中ばかり幽に有るかと思へば無し、無きかと思へば復た微しちらつき根の無き脉なり。釜沸は釜の湯の湧き返るが如く尺脉より進み升ること煩々と指の下に張り揚ぐるやうに蠕きて打つ脉なり。
惣じて此の篇の初めに人迎気口の脉を候ふて内傷外感を識ると言ひしは何んとなれば夫れ内外の陰陽を定むるに外を陽とし内を陰とす。故に外感は外より入る病たるを以て陽とし、内傷は内より出る病たるを以て陰病とす。然るに人迎は足の陽明胃の経の穴にして喉の両傍動脉躍る所なり。夫れ胃の腑は六腑の大元なりと云ふ。是故に人迎の脉にて六腑を候ひ外感を診む。是六腑は陽たるが故に此の如し。古、気口の脉と云ひしは今医師の候ふ所の寸関尺の三部を左右ともに都て気口と云へり。然るに内経に於いて此の気口の脉を捉りて五臓を候ひ内傷を知るとは何んとなれば気口の脉は手の大陰肺経の流るる所なり。然るに肺は百脉を朝会すと内経に見へたり。其の百脉を朝会すとは諸経の気の聚る所と云ふ意なり。是を以て気口の脉は諸経の気のみな聚る所たるが故に五臓を候ひ内傷を知ると内経に見へたり。是れ皆、五臓は陰六腑は陽たるが故に斯くの如し。惣じて内経には喉の人迎、手の気口、足の太谿跗上の脉を捉りて上焦中焦下焦を候ふたり。然るに其の後、寸関尺の三部の脉を捉りて五臓六腑上焦中焦下焦を候ふことは難経に於いて越人の発明たり。然れども古の気口人迎の二脉を左右の手に摸して人迎気口と號くることは越人未だ定めず。故に難経の後に晋の王叔和が脉経に気口人迎を論じて曰く左の寸口と関上との間を人迎と定め右の寸口と関上との間を気口と定むるなり。惣じて脉の事は内経・難経を暁めてその後、王叔和が脉経を閲る則は審らかに知るべし。



トップページ  |  治療院紹介  |  診療案内  |  診療コースと料金  |  鍼灸適応症  |  治療の流れ  |  当院までの案内図  |  鍼灸について
東洋医学の豆知識  |  お灸紹介  |  お問い合わせ  |  ご予約  |  個人情報保護方針  |  サイトマップ  |  リンク


鍼灸やまと治療院 〒185-0021 東京都国分寺市南町3-11-7 吉田ビル1F
Copyright © 2006-2018 鍼灸やまと治療院. All rights Reserved.