『脈経』について

『脈経』写真
『脈経』(みゃくきょう)は西暦280年頃に王 叔和(おう しゅくか)によって作られたといわれる脈診の解説書です。全十巻。王叔和は西晋の太医令(医療の最高長官)に就いていた人物で東洋医学の最重要古典の一つ『傷寒論』の再編者としても有名です。なお、『脈経』は『脉経』と書かれることもあります。(「脈」と「脉」は異体字でどちらも「みゃく」です。)

脈診は鍼灸治療などの東洋医学において非常に重要な診断方法のひとつで、古来より重視されてきました。この脈診について詳しく記載した最初の本が『脈経』であり、非常に重要な書籍であると言えます。意外とテキストデータはインターネットに公開されていないようなので、少しずつ入力してみようと思います。
※基本的には下記の京都大学の本の返り点を参考にしながら書き下していますが、漢文の専門家ではない為、誤っている可能性も高いです。参考程度にご覧ください。

底本:『脈経 仿宋何大任本』北里大学東洋医学総合研究所医史学研究部・日本内経医学会
参考&画像利用:『王叔和脉経』京都大学附属図書館所蔵


目 録

脈経 巻第一
 ① 脈の形状指下の秘訣/脉形狀指下祕訣 第一
 ② 平 脈早晏の法/平脉早晏法 第二
 ③ 三関の境界脈候の所主を分別す/分別三關境界脈候所主 第三
 ④ 尺寸陰陽栄衛度数を弁ず/辨尺寸隂陽榮衛度數 第四
 ⑤ 平 脈、人の大小、長短、男女の逆順を視る法/平脉視人大小長短男女逆順法 第五
 ⑥ 脈を持る軽重の法/持脉輕重法 第六
 ⑦ 両手六脈の五臓六腑陰陽逆順の主る所/兩手六脉所主五藏六腑隂陽逆順 第七
 ⑧ 臓腑の病脈陰陽を弁ずる大法/辨藏腑病脉隂陽大法 第八
 ⑨ 脈の陰陽を弁ずるの大法/辨脉隂陽大法 第九
 ⑩ 平 虚実/平虚實 第十
 ⑪ 従横逆順伏匿の脈/從橫逆順伏匿脉 第十一
 ⑫ 災怪恐怖の雑脈を弁ず/辨災怪恐怖雜脉 第十二
 ⑬ 遅疾短長雑脈の法/遲疾短長雜脉法 第十三
 ⑭ 平 人病を得るの所起/平人得病所起 第十四
 ⑮ 病 将に差んとす と 已え難き の脉を診す/診病将差難已脉 第十五

脈経 巻第二
 ① 平 三関陰陽二十四気の脈/平三關隂陽二十四氣脉 第一
 ② 平 人迎神門気口前後の脈/平人迎神門氣口前後脉 第二
 ③ 平 三関の病候並に治宜/平三關病候并治冝 第三
 ④ 平 奇経八脈の病/平竒經八脉病 第四

脈経 巻第三
 ① 肝胆部/肝膽部 第一
 ② 心小腸部/心小腸部 第一
 ③ 脾胃部/脾胃部 第一
 ④ 肺大腸部 第四
 ⑤ 腎膀胱部 第五

脈経 巻第四
 ① 辨三部九候脉證 第一
 ② 平雜病脉 第二
 ③ 診五藏六腑氣絶證候 第三
 ④ 診四時相反脉證 第四
 ⑤ 診損至脉 第五
 ⑥ 診脉動止投數疏數死期年月 第六
 ⑦ 診百病死生訣 第七
 ⑧ 診三部脉虚實決死生 第八

脈経 巻第五
 ① 張仲景論脉 第一
 ② 扁鵲隂陽脉法 第二
 ③ 扁鵲脉法 第三
 ④ 扁鵲華佗察聲色要訣 第四
 ⑤ 扁鵲診諸反逆死脉要訣 第五

脈経 巻第六
 ① 肝足厥隂經病證 第一
 ② 膽足少陽經病證 第二
 ③ 心手少隂經病證 第三
 ④ 小腸手太陽經病證 第四
 ⑤ 脾足太隂經病證 第五
 ⑥ 胃足陽明經病證 第六
 ⑦ 肺手太隂經病證 第七
 ⑧ 大腸手陽明經病證 第八
 ⑨ 腎足少隂經病證 第九
 ⑩ 膀胱足太陽經病證 第十
 ⑪ 三焦手少陽經病證 第十一

脈経 巻第七
 ① 病不可發汗証 第一
 ② 病可發汗證 第二
 ③ 病發汗以後證 第三
 ④ 病不可吐證 第四
 ⑤ 病可吐證 第五
 ⑥ 病不可下證 第六
 ⑦ 病可下證 第七
 ⑧ 病發汗吐下以後證 第八
 ⑨ 病可溫證 第九
 ⑩ 病不可灸證 第十
 ⑪ 病可灸證 第十一
 ⑫ 病不可刺證 第十二
 ⑬ 病可刺證 第十三
 ⑭ 病不可水證 第十四
 ⑮ 病可水證 第十五
 ⑯ 病不可火證 第十六
 ⑰ 病可火證 第十七
 ⑱ 熱病隂陽交并少隂厥逆隂陽竭盡生死證 第十八
 ⑲ 重實重虚隂陽相附生死證 第十九
 ⑳ 熱病生死期日證 第二十
 ㉑ 熱病十逆死證 第二十一
 ㉒ 熱病五藏氣絶死日證 第二十二
 ㉓ 熱病至脉死日證 第二十三
 ㉔ 熱病脉損日死證 第二十四

脈経 巻第八
 ① 平卒尸厥脉證 第一
 ② 平痓濕暍脉證 第二
 ③ 平陽毒隂毒百合狐惑脉證 第三
 ④ 平霍亂轉筋脉證 第四
 ⑤ 平中風歴節脉證 第五
 ⑥ 平血痺虚勞脉証 第六
 ⑦ 平消渴小便利淋脉證 第七
 ⑧ 平水氣黃汗氣分脉證 第八
 ⑨ 平黃疸寒熱瘧脉證 第九
 ⑩ 平胷痺心痛短氣賁豚脉證 第十
 ⑪ 平腹滿寒疝宿食脉證 第十一
 ⑫ 平五藏積聚脉證 第十二
 ⑬ 平驚悸衂吐下血胷滿瘀血脉證 第十三
 ⑭ 平嘔吐噦下利脉證 第十四
 ⑮ 平肺痿肺癰欬逆上氣淡飲脉證 第十五
 ⑯ 平癰腫腸癰金瘡侵淫脉證 第十六

脈経 巻第九
 ① 平姙娠分別男女將産諸證 第一
 ② 平姙娠胎動血分水分吐下腹痛證 第二
 ③ 平産後諸病鬱冒中風發熱煩嘔下利證 第三
 ④ 平帶下絶産無子亡血居經證 第四
 ⑤ 平鬱冒五崩漏下經閉不利腹中諸病證 第五
 ⑥ 平咽中如有炙腐喜悲熱入血室腹滿證 第六
 ⑦ 平隂中寒轉胞隂吹隂生瘡脫下證 第七
 ⑧ 平婦人病生死證 第八
 ⑨ 平小兒雜病證 第九

脈経 巻第十


この記事へのコメント

広告