~ 心と身体の調和の取れる 治療と癒しを体感してください ~ 国分寺の鍼・灸・小児鍼 鍼灸やまと治療院 国分寺駅南口徒歩2分

やまと治療院へようこそ

施術ベッド
国分寺駅南口より徒歩2分の鍼灸院です。
東洋医学で自然治癒力を回復させ、心身ともにリフレッシュ。
「経絡治療」をベースとした鍼灸治療で皆様の健康回復へのお手伝いを致します!
主に日本製の使い捨ての高品質・極細の銀鍼を使用して、痛みの少ない安心安全の鍼灸治療を行っております。
子供のための「小児鍼」や、刺さない鍼を用いた「鍉鍼治療」といった施術も提供しております。
まずはお気軽にご相談ください。

治療院からのお知らせ

看板
2018.11.01 カレンダーを更新いたしました。
―
2016.04.15 お陰様で十周年
本日で当院は十周年を迎えることができました。
誠に有難うございます。
より良い鍼灸治療の提供を目指していきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
―
2014.04.14 ホームページをリニューアルいたしました。
―

―

治療院概要

名称鍼灸やまと治療院
院長大田 和男
施術内容鍼灸治療・小児はり <完全予約制>
住所〒185-0021
東京都国分寺市南町3-11-7 吉田ビル1F
TEL042-326-2710
診療時間平日10:00〜13:00/15:00〜20:00
土日10:00〜13:00/14:00〜19:00
休診日水曜・祝日

診療予定カレンダー 

平成30年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             
平成30年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

・ピンクで塗りつぶされた日が休診となります。
・予約制のため、事前にお電話(042-326-2710)かWEBにてご予約下さい。

治療院紹介

待合室
やまと治療院では、日本伝統の「経絡治療」という鍼灸施術の方法をベースとした全身の体調を整える治療を行っている鍼灸専門の治療院です。
日本伝統の痛みが少なく、心地よい鍼灸治療を目指しております。
また、刺さない治療「鍉鍼(ていしん)」を用いた施術も行っております。鍼を刺すことに抵抗感のある方も、お気軽にお試しください。
子供のための施術、「小児鍼」も行っております。お子様の体調管理にもご利用ください。

→「治療院紹介」ページを見る

アクセス

当院は国分寺駅の南口から徒歩で2分の場所にあります。

大きな地図で見る

料金表

当院では下記の料金体系にて施術を行っております。
各治療コースの詳細につきましては、コースと料金ページをご覧ください。
内容 料金
鍼灸治療 施術料 通常コース 5,000円
鍉鍼(ていしん)コース 5,000円
小児コース 2歳未満 1,000円
2歳〜小学生 2,000円
初診料 2,000円
    →「コースと料金」ページを見る

治療の流れ

施術ベッド
当院の鍼灸施術の流れを以下のページに簡単に記載しておきます。参考にしてください。

→「治療の流れ」ページを見る

適応症

赤ちゃんの小児鍼
鍼灸治療は「病」を直接治療するのではなく、体調を改善(自律神経の安定・免疫の向上・血行の改善等)させることで自然治癒力を高め、自らの力で「病」を治癒していく手助けをするものです。
そのため適応範囲は広く、さまざまな体調不良が改善されることがあります。
WHO(世界保健機関)があげている鍼灸治療の適応症の一覧を記載しておきます。参考にしてください。

→適応症を見る

鍼灸について

鍼の弾入
鍼灸の概容等について簡単に記載しています。よろしければご覧ください。

→「鍼灸について」を見る

東洋医学の豆知識

医心方
鍼灸治療や東洋医学に関する豆知識を記載しています。
道具に関することや、経絡・経穴に関して、東洋医学の基礎的な知識に関して等、記載しておりますので、東洋医学に興味のある方はご覧ください。
※コンテンツは気が向いたときに少しずつ追加して行きます。

→「東洋医学の豆知識」を見る

ピックアップ

鍉鍼等
鍼灸治療で使われる道具
鍼灸治療を初めて受ける方にとって、実際に治療で使われる道具がどのようなものなのか関心が有るのではないでしょうか?
このページでは鍼灸治療で用いる各種の道具を紹介しています。
※当院では伝統的な鍼灸を行っている関係上、古典的な道具が多くなっています。
→「鍼灸治療で使われる道具」を見る

杉山検校
杉山和一検校について
杉山和一は杉山検校(けんぎょう)と呼ばれ、江戸時代の鍼師でした。日本独自の鍼の刺し方『管鍼法』の創始者として知られています。 『管鍼法』の御陰で日本では髪の毛ほどの細い鍼を用いた鍼治療を行うことが出来るようになりました。 杉山和一は伊勢の国で武家の跡取りとして生まれましたが、幼いときに伝染病(天然痘と言われています)で失明してしまい...
→杉山検校について見る

本のイメージ
『杉山流三部書』
上記の杉山検校が著した、杉山流鍼術の教科書です。 江戸時代に杉山流に入門するとまずこれ等の本で基礎を学んだようです。
※著作権の保護期間が過ぎているので、全文を紹介します。
→『療治の大概集』を読む
→『選鍼三要集』を読む
→『医学節要集』を読む

ブログ情報

夏季休診のお知らせ 2018/08/01
誠に勝手ながら、8月13日(月)~8月15日(水)を休診とさせていただきます。 ※8月16日(木)より、通常通り診療いたします。 ご不便をおかけいたしますが、ご了承下さいますよう、お願い申し上げます。...

臓腑について 2018/07/08
よく五臓六腑などといいますが、東洋医学の臓腑について簡単に記載します。 東洋医学では臓が6つ、腑が6つと考えます。 臓は、肝、心、脾、肺、腎、心包 腑は、胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦となります。...

灸道具について 2018/06/02
お灸の際に使う道具を以下に紹介します。 艾 艾(もぐさ)はお灸をする際に燃焼させるものになります。蓬(よもぎ)の葉を加工して作られています。 皮膚の上で直接燃やす点灸(透熱灸)や、距離を置いて燃やす温 ...

鍼道具について 2018/06/02
鍼治療に使う道具を以下に紹介します。 毫鍼 毫鍼(ごうしん)とは一般の方が治療用の「はり」と認識しているものです。 治療においても最も多く使われる鍼になります。 現在では使い捨てになっており、下の写真 ...

気・血・津液について 2018/05/10
東洋医学では、気(き)が身体をめぐり、その働きにより血(けつ)・津液(しんえき)が身体を循環していると考えます。 古代の人が考えたことですので、難しく考えないようにしてください。 「気」というと、現在 ...

最終更新日 2018.11.1/ カウンター
鍼灸やまと治療院
〒185-0021
東京都国分寺市南町3-11-7
吉田ビル1F
TEL 042-326-2710

やまと治療院ブログ


【表示環境】
PCスマホケータイ