鍼灸(はり・きゅう)について

はじめに

鍼灸治療は、数千年前の中国大陸で始まった治療方法といわれています。残念ながら記録が残っていないため、実際に始まったのがいつなのかは正確には分かりません。もともとは砭石へんせきと呼ばれる尖った石を使っていたようです。その後、石から骨や竹、そして金属の鍼に変化していったようです。鍼灸等の東洋医学に関連する書籍の原典とされるのが『黄帝内経こうていだいけい』とよばれる書物です。これがおよそ2000年前に書かれたと言われており、このころまでに鍼灸治療の体系が作られたと言えます。東洋医学では体の中を「気」「血」「水」がめぐっていてこれが滞ると病になるとの考えが基本となっています。そして、特に「気」を対象として高い効果を上げるのが鍼灸治療と考えられ、鍼灸の技術が作られました。その技術がだんだんと進化や変化をしながら続いてきたものが現代の鍼灸治療です。

はり(鍼)

管鍼法写真
写真1.管鍼法

はり治療とは、治療用の鍼を体に刺したり皮膚の表面に触れたりすることにより刺激を与え、これによって体に変化を起こして治癒を促す施術方法です。当院で使用している「はり」(毫鍼ごうしん)は日本式の「はり」(和鍼)です。これは、髪の毛程度の細い「はり」で、中国の針に比べ刺入時の痛みが少ないのが特徴です。この細い「はり」を刺すために生み出された日本独自の「はり」の刺し方に管鍼法というものがあります。これは「はり」を管に通して曲がりにくくし、管から飛び出た「はり」の柄の部分を指でトントンと叩くことによって刺します。これにより痛みに敏感な皮膚の層を鍼先が瞬時に通り、ほとんど痛みを感じることがないのです(管鍼法・右上写真)。江戸時代の杉山和一検校によって生み出された方法と言われています。
「はり」の効果を東洋医学的に理解する場合、健康の源は「気」が正常に体内で働くこと、という概念がベースとなります。病があるときは、全身の気の巡りがいたるところで滞ります。それが皆さんもよく自覚する、コリや張りのある部分です。「はり」は、そのコリや張りを取り除き、気の流れを良くして、本来の健康な身体を取り戻す手助けをします。
また、科学的な解明は未だ100%ではありませんが、神経、ホルモン分泌、血液循環、免疫など、さまざまな身体の働きに関与して、健康状態を回復させていることがわかってきています。

きゅう(灸)

透熱灸写真
写真2.透熱灸

お灸は、よもぎの葉を原材料として加工したもぐさを燃やし、皮膚に温熱刺激を与える治療法です。さまざまなお灸の方法は、その時の経穴けいけつ(いわゆるツボ)の状態に合わせて選びます。
身体の中で、コリや張りのある部分を「じつ」といい、逆に力がなくふにゃっとしている部分を「きょ」という概念があります。 「実」には、大きめの艾を心地良い暖かさまで燃やし、熱くなる手前で取り除く治療で、コリや張りを緩めます(知熱灸・写真3)。 逆に「虚」には、米粒より小さくひねった艾を直接皮膚の上で燃やし、お灸の熱を穴の深部にまで浸透させます(透熱灸・写真2)。 「虚」の部分は冷えているため、高温でも意外と気持ち良く感じます。
気の流れを統括する大事な穴が虚している場合には、棒灸を体表から数㎝ほど離れるように温灸器にセットして体表に当て、比較的広い範囲を十数分間ほど長めに温めることにより、気を補うことで気の流れを調整する施術法を行います(温灸・写真4)。

知熱灸写真
写真3.知熱灸
温灸写真
写真4.温灸

補瀉(ほしゃ)

「実」つまりコリや張りのある部分は、気が滞ったり、悪い気(邪気)が入り込んでいるものとしてとらえるため、それを取り除く方法を行います。このことを「しゃす」といいます。 そして「虚」つまり力がなくふにゃっとしている部分は、健康の源である正常な気が不足しているものとしてとらえ、それを補う方法をとります。このことを「す」といいます。

鍼と灸の使い分け

灸頭鍼写真
写真5.灸頭鍼

鍼灸はその使い方によって、実を瀉すことも、虚を補すこともできますが、特に鍼は、どちらかというと、環境の変動などに適応できずに起こる、発熱や痛み、コリなどを取り除く「瀉法」に適しています。 反対に灸は、身体の「気」が不足して起こる、冷えや慢性疾患、疲労、気力減退などに対し、「気」を補う「補法」に適しています。
また、身体の病的な状態の中には、表面は力がなく虚しているが、深部にコリがあるという場合もあります。そんな時はコリの部分まで鍼を刺入し、鍼の柄の部に艾を着けて燃やして、表面の力不足の虚を補す施術法(灸頭鍼・右写真)といった方法もあります。その灸頭鍼の気持ち良さは、赤外線などでは代用できないほどです。

適応症

WHO(世界保健機関)では、以下に示す疾患を鍼灸の適応症として挙げています。
しかしながら、これはWHOがこれ等すべてに鍼灸治療が効果があると認めているという訳ではありません。鍼灸治療を行ってみる対象疾患として、これらを挙げているものです。しかしながら、一つの参考になるかと思いますので表を記載いたします。

WHOによる鍼灸適応症の一覧表
分類項目
神経系疾患神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等
運動器系疾患関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)等
循環器系疾患心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ等
呼吸器系疾患気管支炎・喘息・風邪および予防等
消化器系疾患胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾等
代謝内分秘系疾患バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等
泌尿・生殖器系疾患膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎等
婦人科系疾患更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊症等
耳鼻咽喉科系疾患中耳炎・耳鳴・難聴・メニエール病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃炎等
眼科系疾患眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい等
小児科疾患小児神経症(夜泣き、かんのむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善等
引用:東京都はり灸マッサージ師会・鍼灸適応症

いずれにしても、鍼灸治療は「病」を直接治療するのではなく、体調を改善(自律神経の安定・免疫の向上・血行の改善等)させることで自然治癒力を高め、自らの力で「病」を治癒していく手助けをするものです。そのため適応範囲は広く、様々な体調不良に対して施術可能なだと言えます。昔から多くの症状に対して鍼灸が行われてきました。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

当院で行う経絡治療について

 現在の日本では様々な方式の鍼灸治療があります。主だったものとしては、現代の生理学・解剖学に基づいた東洋医学理論には従わない鍼灸治療、現代の中国で再構成された中医学に基づいた中国式の鍼灸治療、そして昭和初期の日本で伝統鍼灸の復興をめざして再構成された経絡治療といったものがあげられます。
 それぞれ、各種の特徴があり、どれが優れているとはいえない状態です。しかしながら、私の個人的には日本伝統の極細鍼を用いた優しい刺激がメインとなっている経絡治療の施術が好みです。その為、当院では経絡治療をベースとした鍼灸治療を行っております。
 鍼に低周波の電気を流す強い刺激で疲れてしまった方や、太い鍼を用いた強烈な刺激が辛いと感じた方、鍼治療を嫌がらずに、ぜひ一度、優しい刺激の経絡治療を体感してみてください。

経絡治療についてはこちらに簡単にまとめてみました。

その他、東洋医学に関して

もう少し東洋医学や鍼灸治療に関して興味がございましたら、以下のページやブログをご覧ください。少しずつ書き足していく予定です。